RSS | ATOM | SEARCH
ドライブ!
ドライブ日和。

めちゃいい天気!


平田ナーセリーで肥料やらなんやら買って、


HEY&Hoでそば猪口買って、


HINODEでタコスとタコライス!


あぁ、、、
車って凄いなぁ、、、
素晴らしいなぁ!

貧乏症のあたしは「レンタカー=旅行!遠出!」って感じについついなってしまう。
けどこんな風に気軽にぶらっとするのって楽チンで楽しいな。
ひとたび遠出してしまったら、どこかに行かなきゃ!と気が焦ってしまって、思わず「九重"夢"大吊橋」なんかに行ってしまって、何とも言えない気持ちになっていたものだ。


タカちゃん念願の打ちっ放しで締め!

返却に間に合ったら是非ともホームセンターに行きたいものです。

author:リエ, category:-, 17:35
-, trackbacks(0), - -
おはよう


お盆ももう終わり。

実家では13日に玄関で迎え火を焚いて、その日を仏壇のロウソクに移して仏様をお迎えする。

そして15日にはその逆の手順で送り火を焚くのが習慣です。


迎え火してから誰からという訳でもなく、お仏壇の部屋でみんなでワイワイ談笑した。

じぃちゃんもばぁちゃんも楽しかったかなぁ。

そういへばいつもよりも家族が多い気配がした気がします。



来年も無事にお盆が迎えられますように!



author:リエ, category:-, 10:48
-, trackbacks(0), - -


ちいたん、まさかのおたふく風邪の中、おたふくの館に帰省して参りました。

やっぱりお盆はいいなぁ。
今日帰って良かったなぁ。



author:リエ, category:-, 00:00
-, trackbacks(0), - -
安眠
先日、台湾帰りの友達がタカにくれた安眠マスク。

ちょーつけてみて〜!って撮ったっちゃけど、後から改めて写真みたら、、、

アジアのお金持ちが怪しげな業者に怪しげなマスクを高値で売りつけられよるようにしか見えんで笑った。

「コレツケルアナタスグネムル、アナタトテモオトコマエネ!」



あとボウイT(非公認)がやたら主張してることに触れなければ、、、。 この後、氷室のLAST GIGS観て、立て続けに電気観て異様に盛り上がったのです。

楽しくてじゃぶじゃぶ進んでバッチリ2日酔いでございました。


author:リエ, category:-, 07:46
-, trackbacks(0), - -
夏色新作

ちっちゃな黄色のイヤリング。


と、ミルキースマイルな夏色新作のモデルになってもらいました。

嬉しいなぁ。


背後霊も可愛いなぁ。
しかしこーやってみると本当そっくりだ笑!


author:リエ, category:-, 15:12
-, trackbacks(0), - -
プール!
「今度は泊まりでどっか行きたいねー!」
と、年に数回しか集まれないからバイバイする時いつも話し足りずに、このナイスアイデアがうまれて早4ヶ月。



チームティングー、熊本のプール付き温泉ホテルに行って参りました!
インドアなあたしにはだいぶ優しい曇り空だったので心置き無く、
「プールサイドでビール片手に喋り倒す」
という第一目的をバッチリクリアー!
めっちゃ楽しかった。

プールは油断すると動きがついついいつものウォーキングになってしまうのが我ながら笑ったけど、浮き輪って楽しいな。コナミも浮き輪でプカプカ出来たらいいのにな。


一年生から中学生まで一年ピッチで総勢6人のお子達はちょうど男女3対3で仲が良く、とても楽しそうだった。
やっぱり親同士が気が合うと子供達も気が合うっちゃねー!



昼飲んだ分は温泉でリセットされたので改めましての乾杯。 バイキングでは心置き無く食べ過ぎて、部屋に戻っても気分はずっとプールサイド。

ホテルセキア、大満足でございました!
宿泊客も多く賑やかでバイキングも美味しかったです。

また行きたいなー!


次は今回全く活躍の場がなく、ただの荷物となってしまったパラソルが活躍しますように、、、


タカちゃんはグアムに行った事はありません。

念を押すが、使わない傘って本当にただの荷物なのだ。

author:リエ, category:-, 13:48
-, trackbacks(0), - -
記憶
誰しも一度は考えたことあるっちゃないかいな?

「あー!あの時に戻ってもう一度やり直せたらなぁ!」


と。


そんな話をタカちゃんとしてて
「ねね、もしやり直せたとしたら、今の記憶はあると?」
「いや、それはなかろーもん!」


、、、よね?



だとしたら、今、今、このあたしが未来からもう一度やり直しにここに戻って来とったとしても、未来の記憶は無い訳よね?
だとしたら、今のあたしがもしかしたら未来からもう一度あたしの人生をやり直しに戻ってきとるかもしれんって事でもありうるって訳じゃない?




なんかそれ思いついたら、日々のちょっとした事や、あって当然当たり前の事とかに妙に感謝の気持ちが芽生えるようになった。

たとへば10年先、52歳から今に戻ってきたとしたら、1番に「もう一度ニャンタとニャンコに会いたいなぁ」って思うと思う。
その考えをベースに猫達を見たら、、、

「にゃんたぁ〜!にゃんこぉ〜!!(会いたかったよぉー)」

と、訳のわからぬ感傷に浸って抱きしめて、更にものすごく愛おしく感じる。



猫達だけにとどまらず、日々の生活においての人間関係や仕事、家事なんかに対してもそうだ。


いちにちいちいち大事にしていこうと思った。


だって、もしも、もしも、せっかくやり直しているんだとしたら毎日が特別で愛おしすぎるから。

author:リエ, category:-, 23:55
-, trackbacks(0), - -
王者の花火大会
久留米の花火大会について書きます。
今年も梅の花や楽市楽座が景気良く打ち上げてくれるでしょう!
(天ぷら まき のじゅわ〜〜揚げてる感じの花火もよかったです)

まず、JR降りてから会場までのテクテク散歩コース。ビール(近年はめっきり酎ハイ)片手に気持ちがいい。そしてこの道中で虫除けをふりかけ合う。

そして会場ではシートの上にゆっくり座らせてもらえるという久留米シティの懐の広さ!
真上で上がるのでなんなら寝ながらでも観れる。
最高じゃない、、、?
今年は土曜日やけん、凄い人やろうと覚悟して例年よりも少し早めに待ち合わせて向かったら、それが功を奏して行きの電車で座れるというミラクルが起きた。

すっかり気を良くして会場に着いたら綺麗な夕陽でお出迎えてくれた。

久留米シティ、おもてなしが凄い。



久留米駅前のスーパーが閉店しているので、買い出しは必ずやマイングでしとかんといかん!
(去年は閉店を知らずに激しい衝撃を受けたから)

花火の写真ってあんまよく撮れんもんやん。

夕陽に照らされてこっちはよく撮れました。

今年の花火大会は涼風に恵まれてるけど、久留米が1番風量マックスやったー。川沿いやけん毎年涼しいんやけど今回は特に。
ヨドバシで物色したどの扇風機よりもいい風でした。
「扇風機とかシンプルで風がくればいったい!」と、豪語して予算3千円での下見のはずが、良いのをみると心が揺れに揺れている。。。
「、、、毎年必ず使うし、大事に使うし、、、」

愛用のアネッサのオマケもたなびく風量。



しかしやっぱ扇風機に3マンはねぇ、、、、
author:リエ, category:-, 22:50
-, trackbacks(0), - -
子守
甥っ子、そうちゃんが産まれてもうすぐ2年。一昨日、出動要請が発令されて初めて2人きりで終日過ごした。

そして今日で2日目。

一昨日の楽しかった思い出の続きにしようと、同じ服で出動。それが効いたのかどーかはわからんけど、あたしを見てとても嬉しそうな顔をした(気がした)。
そしてなんだか不思議だなぁと思ったのは、小さい子の扱いには全く慣れていないわたしでも思ったよりも意思疎通出来るって事。

もうすぐ2歳児、やはり単純なもんでソラちゃん(犬)と同じくらい手に取るようにわかっちゃう。
血胤もあるやろけどね。

子供って意味なく動いてるのかと思いきや、よく観察すると何かしらの関連性があるんだなぁと。


眠いと、とりあへず泣くのだ。
これはとってもわかりやすい。
あたしも眠いとウニウニして機嫌が悪くなる。そっか、、、泣いていいんだね。


そして子供向け番組って凄いなぁとしみじみと感心した。
これが無かった時代のお母さんは凄い。
歌ったりしてあげてたんだろうけど、あたしみたいな音痴もきっといたはずだ。
どーしてたんだろう、、、。

と、そんなこんないろいろ考えながらもリエ保育園(ワンマン経営)真っ最中でございます。


園長の力作。

園のPRの為にも、もっと弾けるような笑顔が欲しいものです。


お昼寝から起きたらもう一回カタツムリだ!
author:リエ, category:-, 13:50
-, trackbacks(0), - -
クビだ!
どうも体重計の様子がおかしい。
ちょいちょい前から間違えて測定してしまう事があったもんで、今回も何かの間違いに違いない。
そうだ、だいたい測定が不安定な体重計なんていらない。

クビにしよう。



楽天で新人さんを見つけたので、もう君は明日から来なくていいです。


と、たいそうな言いがかりをつけてクビを言い渡したはいいが、楽天よりあたしが選んだ新人さんの「在庫切れ」通知が届き、我が家には来てもらえない事になった、、、。

こんな事はあたしの楽天ショッピング史上初やん。


そして、そもそも壊れてはいなかった、、、。何故ならジムで計測してその後すぐ家で測っても同じだったのだ。

す、すまん。



あたしは自分の愚かさを嘆くとともに、常に真実を相手に伝えるのが正しいとは限らないなぁ、と(正直に史上最大をたたいてしまったが故に)捨てられかけた体重計を見てしみじみ思った。

不能となってしまった体組成計の機能はもういいとして、これからもどうぞよろしくとキレイにセスキで磨き上げたのでした。


かつては腕や脚、一本一本の体組成まで計測できた彼女。
持ち主が持ち主なだけに力を発揮出来んまま、ただの体重計になってしまったね。

これからも二人三脚でいきましょう。
ごめんね。
author:リエ, category:-, 12:41
-, trackbacks(0), - -